最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※26 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑱ »

三国一の昼飯野郎2012⑰

「ライスを大事に」の巻

 札幌地下街オーロラタウンを彷徨し、「ライオン」に入る。こここそ、本当に昔からあるビアレストラン。ランチメニューも豊富なのだが、「うまい」と思った試しはない。しかしまあ、たまには入ってみるかということで。

 「なつかしメニュー」と銘打ったカキフライをオーダーする。880円だ。

2012013014130001  スープ付き。カキフライは4個。タルタルソースで食すようになっている。刻みキャベツはたっぷりだ。

 カキフライは揚げたてらしく、熱かった。「おっ、なかなかやるじゃん」と感心した。

 しかし、食べていくと、ライスが弱点であることがわかった。「安い米を使っている」ということがわかってしまうのだよ。もう少し、ライスに気を配らないと。それが、すべての基本だからね。そういう、残念な店が札幌の場合、かなり多いような気がするのだが、いかがか?

双子山評定:☆☆★。ライス・イズ・シンプル

« 三国一の読書野郎2012※26 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑱ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012⑰:

« 三国一の読書野郎2012※26 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑱ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30