最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑤ »

三国一の昼飯野郎2012④

「衝動的に食べたくなって」の巻

 ラズウェル細木という漫画家がいる。「酒のほそ道」といった、いわゆるグルメ漫画を得意としているのだが、その人の最新刊「う」は、全テーマがウナギという画期的な漫画である。

 今年初め、その「う」の1、2巻を読んでから、ウナギが食べたくてたまらなくなっていた。そこで、本日は南まで足を延ばし、札幌市中央区南4条西2丁目、「うなぎと和食のかど屋」へ行ったのである。こういう衝動はなかなか、抑えきれるものではない。

 この店、以前は会社近くの北1条にあったのだ。よく、昼飯に行ったものだが、南に移ってからはどうしても足が遠のく。調べてみたら、前回、入ったのは昨年3月。大震災の前のことだよ。それ以来、ウナギは食していなかったのだなあ・・・。

 もちろん、中割丼をオーダー。ここの名物メニューである。丼にご飯、ウナギ、ご飯、ウナギの順で盛る。中のウナギは熱いご飯に挟まれて、柔らかくなっている。

2012011013570001

 美味だ! やはり、私はウナギ食いであることを自覚する。やはり、江戸っ子なのだ。山椒をたっぷりかけ、ガツガツと行く。

 甘めのタレがちょっと、もたれてきたら、肝吸いで舌をなだめる。お新香も、いいね。

 あっという間、至福のひととき。やはり、ウナギはうまい。

 これで1630円。まあ、満足はしたけれど、昔はもう少し、安くなかっただろうか?

双子山評定:☆☆☆☆。今年はウナギに賭けようか?

« 三国一の読書野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑤ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012④:

« 三国一の読書野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012⑤ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31