最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の読書野郎2012⑧ »

三国一の昼飯野郎2012⑧

「辛くなければカレーじゃない」の巻

 土曜も出番だぜ。同じく、土曜も働かされていたトーカーくんと誘い合わせ、ランチへ。向かったのは札幌市中央区北1条東2丁目「す-ぷかりー ひげ男爵」である。土曜だからか、家族連れでいっぱいだ。

 土曜特別メニューの「牛すじカレー」とやらを頼む。990円である。辛さは激辛とされる「5」をオーダーする。

2012011414080000  うむむむむ・・・。辛くないぞ、全然。なぜか? その原因を考えるに、まずはベースがトマトであること、それに牛すじが甘いことではないか。

 ここのスープはオイリーなトマトベースなのだ。だからいつも、辛くない。そこに牛すじが辛さを吸収してしまったのか、全くもって辛くない。

 スープカレーが辛くないとどうなるか。単調な味に終始し、食べていて、飽きてしまうのだ。なかなか、スープが減らない。食べ通すのが苦痛だった。

 バカみたいに辛くなくてもいいんだよ。でも、やはり、辛くなければカレーじゃないよね。

双子山評定:☆☆。ちょいと残念ですね。

« 三国一の昼飯野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の読書野郎2012⑧ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012⑧:

« 三国一の昼飯野郎2012⑦ | トップページ | 三国一の読書野郎2012⑧ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31