最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の歌謡曲野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※271 »

三国一の歌謡曲野郎②

歌謡曲が身に沁みる

 歌謡曲もいいなあ、と最近、つとに思う。「演歌」じゃなくて、「歌謡曲」ね。そして「演歌=歌謡曲」ではないことを確認しておこう。

 美川憲一の「柳瀬ブルース」がいい。調べてみたら1966年のヒット曲だって。私は8歳だよ。なのに、なぜ、妙に心に沁みるのだろうか、この歌が。

 通算120万枚を売ったそうだ。美川、美青年だったのになあ~。

« 三国一の歌謡曲野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※271 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の歌謡曲野郎②:

« 三国一の歌謡曲野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※271 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31