最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※284 | トップページ | 三国一の入れ歯野郎① »

三国一の読書野郎※285

千歳の焼き鳥屋の話

 「言霊居酒屋」を読む。著者は千歳市内で焼き鳥屋を営む70歳の男性である。

 著者とおぼしき焼き鳥屋の主人とその妻、店にやってくる有象無象の人々が紡ぎ出す物語。悪意と底意地の悪さが交錯する、そしてユーモア漂う独特の作風である。オヤジ、良い味出してるぜってなもんである。

 この著者、注目だ。「千歳の西村賢太」になってもらいたい。

<口上>『言霊居酒屋』の登場人物が言っている通り、言葉には人を動かす力がある。いっこうに動きだそうとしない怠惰な人間を突然走らせることもある。この本はまさしく、そういう言霊に触発されて生まれ出たといっても過言ではない。(あとがきより)

言霊居酒屋

« 三国一の読書野郎※284 | トップページ | 三国一の入れ歯野郎① »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※285:

« 三国一の読書野郎※284 | トップページ | 三国一の入れ歯野郎① »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31