最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の組合野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※282 »

三国一の昼飯野郎※113

札幌ちゃんぽん(1)=札幌市中央区南4条西1丁目酒井ビル2階

 BBオヤジが「うめえちゃんぽんの店があるぞ」と教えてくれたので行ってみた。」スガイの裏とでもいうか、まあ、その辺だ。「ちゃんぽんの専門店」というのは珍しいよな。

2011122214140000  売りは道産食材をたっぷり、使っていると言うこと。麺の小麦から、スープの貝柱、具材の野菜やツブ貝、ホッキまですべて北海道産である。ちゃんぽん単品850円をオーダーする。

 どん、という感じ。かなりのボリュームである。野菜を初めとした具がたっぷりだ。麺も腰があり、うまい。スープも貝柱のコクがたっぷりである。

 しかし、気になったのは麺、具、汁がそれぞればらばらに自己主張していることだ。それぞれ、個性が強いから、勝手なことを言い始めると丼の中で不協和音を生み出す。

 それぞれは、本当にうまく仕上がっているのだから、あとはいかにハーモニーを生むかだと思う。「北海道食材」をアピールする志のある店なのだから、何とかそのハーモニーを生み出して欲しいと思う。また、行きますので。

→☆☆☆★。がんばってください。

« 三国一の組合野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※282 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎※113:

« 三国一の組合野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※282 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31