最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※コンビニ篇 | トップページ | 三国一の読書野郎※287 »

三国一の読書野郎※286

意外な掘り出し物

 三羽省吾という作家の「JUNK」なる小説を読む。全く未知の作家であったが、「へえ~」と思わせてくれた。拾い物かもしれぬ。こういう出会いがあるから、読書はやめられないんだね。

 「悪」を描いて「俗」に落ちない、なかなかのテクニックです。感心しました。調べてみると、すでに、何冊かの作品を出しているようです。早速、年明けに読んでみます。

<口上>都内某刑務所前。つぶれかけた粗末な飯屋がある。そこの手伝いて、刑務所を見張り、ある男が出所したら知らせてくれと頼まれた俺。ヤバさを感じながらもおいしい条件に承諾したが、案の定、面倒なことになっていく…。善人ではない。かといって悪人でもない。強かだけど時に脆い。そんなわたしたちを見つめ、見守ってくれる傑作小説集。「指」「飯」の2編を収録。

Junk

« 三国一の昼飯野郎※コンビニ篇 | トップページ | 三国一の読書野郎※287 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※286:

« 三国一の昼飯野郎※コンビニ篇 | トップページ | 三国一の読書野郎※287 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31