最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のパーティー野郎① | トップページ | 三国一の昼飯野郎※デパ地下編① »

三国一の読書野郎※276

面白いじゃん、乾ルカ

 札幌在住の作家、乾ルカの「ばくりや」。結構いけますぜ。これもあまた、短編連作でね。特殊な能力を別の能力と交換する、北海道弁で言うところの「ばくる」話である。けっこう、それぞれの話に、北海道らしさがあって、楽しく読める。

<口上>ご不要になったあなたの能力お取り替えします。北の街の路地裏に、その店はあった―。ハンサムでもないのに異常に女にもてる、就職した会社が必ずつぶれる。古い自分を脱ぎ捨てるため、「ばくりや」を訪れた者たちの運命は。

ばくりや

« 三国一のパーティー野郎① | トップページ | 三国一の昼飯野郎※デパ地下編① »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※276:

« 三国一のパーティー野郎① | トップページ | 三国一の昼飯野郎※デパ地下編① »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30