最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のブルース野郎⑤ | トップページ | 三国一の読書野郎※251 »

三国一の読書野郎※250

絵画の新しい見方を提示

 最近の美術書は、絵画への全く新しい見方を提示してくれるものが多く、楽しい。西岡文彦「絶頂美術館」もそのひとつ。人はなぜ、裸体を表現せざるを得ないのか?「エロティシズム」という側面から、美術に光を与える。

絶頂美術館―名画に隠されたエロス (新潮文庫) Book 絶頂美術館―名画に隠されたエロス (新潮文庫)

著者:西岡 文彦
販売元:新潮社
発売日:2011/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>観るものの心をときめかせるエロティックな絵画。時を超え、文化を超えて人々を引き付けてやまない「性」の讃歌を湛えた名画の、細部に宿る謎を解き明かす。しどけなく横たわるヴィーナスの足指が反り返っているのはなぜか。実在の娼婦から型取りされた裸体彫刻の、ねじれたポーズの意味するところは?神話や時代背景を読み解き、読者を知的絶頂へと誘う、目からウロコの美術案内。

« 三国一のブルース野郎⑤ | トップページ | 三国一の読書野郎※251 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※250:

« 三国一のブルース野郎⑤ | トップページ | 三国一の読書野郎※251 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31