最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のジャズ野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※248 »

三国一のピアノ野郎④

ベートーヴェン「ピアノソナタ30番 31番 32番」:グレン・グールド

 やはり、グールドだな、ピタッとはまるのは、と思う。難解なベートーヴェンの最晩年ピアノソナタがすーっと入ってくるような気がする。あ、難解と思っているのは私だけか。老作曲家の晩年の孤独さに思いを寄せればいいのか。

<双子山評定>レコーディングはグールド25歳の1957年だと。完全に陶酔しながら演奏している。あの唸り声さえ出てこないほど、演奏に入っている。熱いグールド。理が勝らないグールドが面白い。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 Vol.7(第30~32番)(紙ジャケット仕様)

« 三国一のジャズ野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※248 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のピアノ野郎④:

« 三国一のジャズ野郎① | トップページ | 三国一の読書野郎※248 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31