最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※108 | トップページ | 三国一のディラン野郎① »

三国一の読書野郎※252

闇の権力が存在する?

 封印された五つの捜査報告の副題がある一橋文哉の「未解決」を読む。「八王子スーパー強盗殺人」「ライブドア『懐刀』怪死事件」などの真相に迫るノンフィクションだが、わが国に走る地下水脈の汚れには背筋がよだつ。

未解決―封印された五つの捜査報告 (新潮文庫) Book 未解決―封印された五つの捜査報告 (新潮文庫)

著者:一橋 文哉
販売元:新潮社
発売日:2011/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

口上>犯人逮捕が何度もささやかれながらいつまでも終結しない事件がある。一方で、犯人が逮捕されていながらその背景が全く明らかにされない事件がある。それはなぜなのか。迷宮入りする「住友銀行名古屋支店長射殺事件」「ライブドア『懐刀』怪死事件」、そして、すべてが心の闇に隠された「酒鬼薔薇事件」など、解決されざる大事件の深層に圧倒的取材で斬り込んだ犯罪ノンフィクション集。

« 三国一の昼飯野郎※108 | トップページ | 三国一のディラン野郎① »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※252:

« 三国一の昼飯野郎※108 | トップページ | 三国一のディラン野郎① »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30