最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※249 | トップページ | 三国一の読書野郎※250 »

三国一のブルース野郎⑤

ライジング・サンズ「ライジング・サンズ」

 ライ・クーダーとタジ・マハールによる1966年作品。白黒混合バンドである。たゆたうような、のんびりとしたアルバムである。楽しんでブルースをやっていることが伝わってくるというか。そこにカントリー臭さも加わり、その後に流行るサザン・ロックのテイストも加味されている。

 どうも国内盤はないようですね。1曲目はオールマン・ブラザーズ・バンドで知られる「フィッツボロ・ブルース」。ディランが歌った「コリーナ・コリーナ」もカバーしている。「ダスト・マイ・ブルーム」もある。

 ゆるい雰囲気ながら、これこそブルースって感じがする。苦笑する音楽としてのブルース。「しょうがねえな」という音楽としての、ブルース。

Rising Sons

« 三国一の読書野郎※249 | トップページ | 三国一の読書野郎※250 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のブルース野郎⑤:

« 三国一の読書野郎※249 | トップページ | 三国一の読書野郎※250 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31