最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※241 | トップページ | 三国一の読書野郎※242 »

三国一のピアノ野郎①

ショパン「夜想曲集」:マリア・ジョアン・ピリス

 だから言わんこっちゃない。タワレコで、CDをまとめて買ってしまったよ。

ショパン:夜想曲集 Music ショパン:夜想曲集

アーティスト:ピリス(マリア・ジョアン)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2011/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<双子山評定>初めて、クラシックのLPを買ったのは、ショパンのノクターンだった。廉価盤で、1200円ぐらいだったろうか。ピアニストは覚えていないが、有名な人ではなかった。しかし、レコードに針を落としたとたんに聞こえてくる第1番変ロ短調の切なさに、高校生だった私は、胸をかきむしられるような思いがした。

ピリスのタッチは柔らかく、どこまでもショパンの苦悩に寄り添うような演奏である。許光俊の本によると、ピリスは中年になって手首を痛めた。ピアニストにとっては致命傷である。しかし、ピリスは困難を乗り越えて、さまざまな珠玉の演奏を残していった。年輪が醸し出す音楽なのである。

ノクターン、全曲を聴くと、後半部分はかなり難解であると思った。夜想曲らしからぬ、抽象性に満ちているのである。ショパンという、複雑なキャラクターが生み出した音楽らしい。

« 三国一の読書野郎※241 | トップページ | 三国一の読書野郎※242 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のピアノ野郎①:

« 三国一の読書野郎※241 | トップページ | 三国一の読書野郎※242 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31