最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※107 | トップページ | 三国一の読書野郎※229 »

三国一のプログレ野郎②

今聞くと、ちょっとしょぼい

 エマーソン・レイク&パーマーの「展覧会の絵」を聴く。CDショップで思わず、衝動買いをしてしまったのだ。

展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様) Music 展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)

アーティスト:レイク&パーマー エマーソン
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2010/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「プログレの教科書」ともいえるアルバムだよな。ロックとクラシックの融合により、何となく、ロックが高尚になったかのような錯覚を与えてくれた。さらに、シンセサイザーの音色も斬新だったような気もする。

しかし、だ。現在聴くとその音は、ちょっとしょぼい。時代の限界、技術の限界ではあるのだが。

クラシック解釈だって平凡だしね。まあ、全部、後から文句つけることは簡単なんだが。

でも、EL&Pって、何となく思想性がなくて、いまひとつ、好きになれなかった。ピンク・フロイドの持つ重層性や、キング・クリムゾンが醸し出す狂気がないもん。ただ、テクニックだけって感じでね。だから、時代とともにふるびて塩待ったのではないかと憶測するところだ。

« 三国一の昼飯野郎※107 | トップページ | 三国一の読書野郎※229 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のプログレ野郎②:

« 三国一の昼飯野郎※107 | トップページ | 三国一の読書野郎※229 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31