最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のブルース野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※219 »

三国一のブルース野郎③

ウィリー・ディクスンはカッコイイ

 まるでスワンプ・ロックのような手触りのブルースをかましてくれるのが、ウィリー・ディクスンだ。「アイ・アム・ザ・ブルース」。アルバムのタイトルもカッコイイ。

アイ・アム・ザ・ブルース

<口上>シカゴ・ブルースの数々の名曲を書いたコンポーザーの初ソロ(70年)。ドアーズ1,ゼップ26,ストーンズ8,クリーム4等々,ハウリン・ウルフやマディに提供した原作者による解釈集としても面白い。ドラマーがフラつくが,ジョニー・シャインズのギターがいい。

« 三国一のブルース野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※219 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のブルース野郎③:

« 三国一のブルース野郎② | トップページ | 三国一の読書野郎※219 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31