最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※233 | トップページ | 三国一の読書野郎※234 »

三国一のブルース野郎③

渋いけどさあ…

 エリック・クラプトンがウィントン・マルサリスと組むんだから、時代も変わったよなあ。早速、聴いてみた。

プレイ・ザ・ブルース(CD+DVD) Music プレイ・ザ・ブルース(CD+DVD)

アーティスト:ウイントン・マルサリス&エリック・クラプトン,ウイントン・マルサリス,エリック・クラプトン
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2011/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かっこいい(ファッションも、サウンドも)し、渋いんだ。それは認めざるを得ない。クラプトンのギターは哭くだけでなく、笑い、語る。マルサリスのトランペットは叫び、けたたましく、笑う。

でも、必要な音楽なのか? 本当にブルースのあるべき姿なのかという疑問が去来してしまう。クラプトン、本当にこういう音楽を目指しているのか。

楽しい音楽なんだ。ディキシーランド風で、音が弾んで。でもなあ、という思いが強いな。

「プレイ・ザ・ブルース」といいながらも、もはやブルースじゃない。そんな気がする。

« 三国一の読書野郎※233 | トップページ | 三国一の読書野郎※234 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のブルース野郎③:

« 三国一の読書野郎※233 | トップページ | 三国一の読書野郎※234 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30