最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※217 | トップページ | 三国一のブルース野郎① »

三国一の読書野郎※218

プロ野球は昔の方が面白かった

 懐古趣味じゃないけど、プロ野球は昔の方が豪快で、見ていて面白かったような気がする。まあ、ON全盛期だったもんな。その「黄金期」をデータ的に分析するのが「プロ野球ヒーロー伝説の真実」である。著者は小野俊哉。スポーツライターらしい。

プロ野球ヒーロー伝説の真実 (扶桑社新書) Book プロ野球ヒーロー伝説の真実 (扶桑社新書)

著者:小野 俊哉
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>戦前まで遡るプロ野球の長い歴史の中で、公式記録には残らない「語り継がれてきた」伝説を、投手の魔球、豪球、そして本塁打の飛距離に絞って検証する。投手のスピードについては初速に絞って計算式も詳細に掲載。日本選手の比較のため、メジャー選手の記録にも詳しく言及。最も早い球を投げた投手や、最長本塁打を放った打者など、驚きの新事実を交え、日米両球界のエピソードが満載の1冊。

« 三国一の読書野郎※217 | トップページ | 三国一のブルース野郎① »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※218:

« 三国一の読書野郎※217 | トップページ | 三国一のブルース野郎① »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31