最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※205 | トップページ | 三国一の読書野郎※207 »

三国一の読書野郎※206

昭和の男は野球ぜよ

 見出し、何弁だかわからないけど。私の子供のころ、プロ野球は輝いていた。まさに、王、長島の全盛期だしなあ。江夏のオールスター9連続三振をリアルタイムで見たんだし。だから、大阪日刊スポーツ編著「感涙!ナニワ野球伝説」はすこぶる面白く読めました。私の中の昭和の血が騒ぎました。

感涙! ナニワ野球伝説 (朝日新書) Book 感涙! ナニワ野球伝説 (朝日新書)

著者:大阪日刊スポーツ(編著)
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>あの頃あの球場に、こんなに熱い男たちがいた! ファンの歓声は、ナニワの空を揺るがせた! ベテラン記者が伝説の男たちの物語と、球団・球場の栄枯盛衰を活写。村山実、杉浦忠、門田博光、カズ山本など続々登場。貴重な談話で構成。レアな写真を多数掲載。

« 三国一の読書野郎※205 | トップページ | 三国一の読書野郎※207 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※206:

« 三国一の読書野郎※205 | トップページ | 三国一の読書野郎※207 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31