最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※189 | トップページ | 三国一の読書野郎※191 »

三国一の読書野郎※190

闇を読む

 キャンプでお化け系・怪談系の本を読むと、。スリリングだぜ。キャンプって、山の中でやるから、本当の闇があるじゃん。凄い闇。人の心の闇なんか、相手にしないような、闇。

 この前、かみさんと行った山奥のキャンプ場。デジカメで夜、ばちばち撮影していたら、本来、映ってはいけないもんがいっぱい、映ってややの。変な光とかさ。

 そのあと、パソコンに取り入れたのだが、パソコンの御調子が悪くなった。私はびびって、写真を消去した。唯物論者なのに、情けない話である

なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書) Book なぜ怪談は百年ごとに流行るのか (学研新書)

著者:東雅夫
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>なぜか日本では百年ごとに実話怪談が流行っている。では、百年前、二百年前には何があったというのか? 江戸の四大幽霊事件から、大正・昭和初期の心霊ブーム、平成の実話怪談ムーブメントまで、意外な視点でつづる新たな日本怪談文学史、誕生!

<双子山評定>本当かね?

« 三国一の読書野郎※189 | トップページ | 三国一の読書野郎※191 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※190:

« 三国一の読書野郎※189 | トップページ | 三国一の読書野郎※191 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31