最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※103 | トップページ | 三国一の読書野郎※193 »

三国一の読書野郎※192

さらば鬼六

 団鬼六先生の「往きて還らず」を読む。自らの父親を登場させたモデル小説とでもいうのだろうか。なかなか、面白く読ませる特攻秘話である。

往きて還らず (新潮文庫) Book 往きて還らず (新潮文庫)

著者:団 鬼六
販売元:新潮社
発売日:2011/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>「おれが飛び立ったら、この女をお前の妻にしろ」―戦争末期の鹿屋航空基地で著者の父が出会った、3人の特攻隊員と絶世の美女、八重子。出撃命令を待つ彼らの間で交わされた密約が、それぞれの人生を大きく変えていく。国を守るために命を捨てた男たちと彼らの想いに殉じた女の運命を描く哀切きわまる恋愛譚。父が語った思い出を妖艶な物語に昇華させた鬼六文学の最高傑作。

« 三国一の昼飯野郎※103 | トップページ | 三国一の読書野郎※193 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※192:

« 三国一の昼飯野郎※103 | トップページ | 三国一の読書野郎※193 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31