最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※199 | トップページ | 三国一のGP野郎 »

三国一の読書野郎※200

こちらも定説を壊す本

 新選組は本当にダンダラの羽織を着ていたのか。史料にあたりながら、新選組の実像に迫るのが菊地明「新選組の新常識」です。どうも、こういう本が多いね、最近。それだけ、各種の新史料が発掘されているということだろうか。

新選組の新常識 (集英社新書) Book 新選組の新常識 (集英社新書)

著者:菊地 明
販売元:集英社
発売日:2011/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>本当にダンダラ羽織を着ていたのか? 小説やテレビ、映画、ゲームなどで描かれる新選組の姿は、どこまで事実なのか。脱走した隊士は、皆、切腹させられたのか。確実な史料のみを用い、実証的に新選組の実像を明らかにする、新たな決定版。

<双子山評定>私が新選組に感じるのは滅びの美学である。反動の美学である。彼らはなぜ、闘い、死んでいったのか。そのどうしようもない内部粛清も含め、そこに「世紀末」的な退廃を覚えるのである。

局中法度など、実際にどの程度の厳しさだったのか。厳しい入隊試験はあったのか。脱退者は必ず、切腹させられたのか。実証的に語られるが、重きを置く史料は永倉新八が明治になって語ったものである。「へえ~」という感じで読み進められる一冊ではあった。

⇒☆☆★

« 三国一の読書野郎※199 | トップページ | 三国一のGP野郎 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※200:

« 三国一の読書野郎※199 | トップページ | 三国一のGP野郎 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31