最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※168 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※94 »

三国一の読書野郎※169

素晴らしい本だ

 岩波ジュニア新書は、高校生向きに書かれているのだが、中には非常にレベルの高い入門書もある。この「フランス革命 歴史における劇薬」も名著の誉れ高い一冊である。高校生に独占させていてはもったいない本である。歴史の「栄光と悲惨」とは何かを語りかけてくるのである

フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書) Book フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書)

著者:遅塚 忠躬
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<口上>「自由・平等・友愛」を合言葉に,近代の世界史上に最大の劇的転換をもたらしたフランス革命-.この事件は,人間精神の偉大な達成である一方で,数知れぬ尊い命を断頭台へと葬った暗い影をもつ.なぜ革命はかくも多大な犠牲を必要としたのか.時代を生きた人びとの苦悩と悲惨な歩みをたどりつつ,その歴史的な意味を考える.

« 三国一の読書野郎※168 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※94 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※169:

« 三国一の読書野郎※168 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※94 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31