最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※74 | トップページ | 三国一の読書野郎※141 »

三国一の昼飯野郎※75

味の三平(1)=札幌市中央区南1条西3丁目大丸藤井セントラルビル4階

 北海道に来て、来年で30年になるが、江戸っ子を自任している私は、ラーメンはしょうゆがベースだと思っている。どうも味噌ラーメンは苦手だ。おいしいと思ったことがない。

 だから三平ののれんはくぐらなかった。「味噌ラーメンの元祖だろ」と軽視していたわけではないのだが、舌に合わないと思っていたのである。

 だが、「とにかく食べてみよう」と思ったのである。初めての三平体験である。

 850円の味噌ラーメン。結論として、うまかった

201106101425000  「これが味噌か?」と驚くスープだね。味噌味噌していない、薄塩のようなスープ。太めの麺に具はたっぷりのもやしにひき肉、シナチクと何ともクラシック。こちらも、ある意味、札幌ラーメンの基礎の基礎なんだろうな。

 客が後から後からやって来る。さすが人気店である。グルメブログなどを見ると、「オヤジの接客がなっていない」などとあるが、若い兄ちゃんが笑顔で接客してたぜ。あまり、気にならなかったな。

 スープがぐいぐいいける。ここの味噌ラーメンは停滞していない。進化し続けているのではないか。王道を行くことと停滞することと進化を続けること。これらの意味の微妙な違いは、味として反映させると、大きなものになっていくのである。感心した。

→☆☆☆☆

« 三国一の昼飯野郎※74 | トップページ | 三国一の読書野郎※141 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎※75:

« 三国一の昼飯野郎※74 | トップページ | 三国一の読書野郎※141 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31