最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※121 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※60 »

三国一の昼飯野郎※59

ラーメン千太(1)=札幌市中央区北1条東1丁目バスセンター地下1階

 バスセンター地下の飲食店街は、どこか東京・上野駅のようなムード、終戦直後的な雰囲気が漂うところだ。わが敬愛するマホガニー・DDさんもファンで、よく、午後3時過ぎからここのおでん屋で一杯傾けているらしい。

 ここのラーメン屋のつけ麺がうまいらしいと言う噂を聞きつけたので、創成川を超えて足を運んでみた。カウンターのみ。妙齢の女性がひとりで切り盛りしている。しょうゆつけそばを頼む。800円だ。

201105101413000 麺の細いのが特徴。そうめんのようである。だから、最初は「このボリュームで大丈夫かなあ」と弱気にもなったのだが、ぐいぐい、行けるのである。

 スープは鶏ベースに煮干しの何ともレトロな味わい。最近、流行の豚骨ベースに比べると、極めてあっさり系。確かに、懐かしくはあるのだが、物足りないという人もいるだろうな。

 具はシナチク、ゆで卵、チャーシューに野菜も。よくバランスがとれている。

 だが、麺の細さと、スープのあっさりさ加減に評価は割れる。少なくとも私は「うまかった!ごっつあん!!」という気持ちにはなれなかった。物足りなかったのだな。

→☆☆☆

« 三国一の読書野郎※121 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※60 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎※59:

« 三国一の読書野郎※121 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※60 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31