最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※124 | トップページ | 三国一の読書野郎※125 »

三国一の昼飯野郎※62

愛路(1)=札幌市中央区北2条西3丁目敷島ビル地下1階

 敬愛するヨンヤさん、イーリューマン先生と昼過ぎの街に繰り出す。当初目標はこのビルに入っているハンバーグショップだったが、満席。やむなく、隣の店に入る。

 このビル自体がかなり古く、この店もかなりの老舗。以前は山かけとか、温かいそうめんなんかが名物だったように記憶するが、店内のメニューにはそんなものはない。記憶違いか?

 すきやき定食卵付きをオーダー。750円である。

201105161351000  丼飯でどーん、って感じ。すき焼きも、肉もそこそこ入っていて、よろしい。

 最後は卵の中に余ったすき焼きをたたき込んで、ご飯にかければ牛丼のできあがり。一気にかき込む。満足。

 雑な感じが何ともいえません。ヨンヤさんが食べていたメンチも大きく、ジューシーでおいしそうでした。意外だったのはヨンヤさんが年齢の割にマヨラーであるということ。これでもか、というほどのマヨネーズをキャベツにかけていました。この人の味覚は、いまだ発展途上にあるのかもしれません。

→☆☆☆★

« 三国一の読書野郎※124 | トップページ | 三国一の読書野郎※125 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

温かいそうめんは、「春帆」だったと思います。たぶん。

そうか!春帆は別の店だね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎※62:

« 三国一の読書野郎※124 | トップページ | 三国一の読書野郎※125 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31