最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎※127 | トップページ | 三国一の読書野郎※128 »

官憲に捕まる

7000円を支払う

 う~む、やっちまったぜ。

 私は1984年1月に普通運転免許証を取得し、以後、日高の静内、釧路、札幌、岩見沢、旭川で運転してきた。しかも、無事故・無違反である。当然、「ゴールド会員」である。

 しかし、だ。この日、札幌市中央区南6条西25丁目周辺の信号を右折したとき、西署のパトカーに停車を命じられたのである。何のことかわからなかったが、「一時停止しなかった」と警察官は言い張るのである。

 したつもりである。しかし、警察官2人にパトカー内で迫られて否定することはできないだろう。結局、標識の見落としを認め、7000円の罰金である。

 官憲の横暴であるか? いずれにせよ、これで「ゴールド会員」もパーである。たまらんなあ。30年近い安全運転も、一瞬の見落とし(意識してねえけど)でパーだぜ。

 みなさんも、気をつけようね。

« 三国一の読書野郎※127 | トップページ | 三国一の読書野郎※128 »

「事件・事故」カテゴリの記事

コメント

ご愁傷さまでございます。
官憲はそういう見落としやすい場所に限って、張っているんですよね~。
神聖であるべき法に対して不信感をかもし出す所業だと思います。

そうだよな~。
でも事故って他人を巻きこんだら
自己責任、ってわけにもいかねえからなあ。

今まで無事故無違反だったのが奇跡だ。
大事故にならないためのお守り代さ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/40126804

この記事へのトラックバック一覧です: 官憲に捕まる:

« 三国一の読書野郎※127 | トップページ | 三国一の読書野郎※128 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30