最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎※40 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※41 »

三国一の読書野郎※71

ううむ、面白さのつぼがわからぬ

 松尾スズキの「同姓同名小説」を読む。正直、面白さのつぼがわからない小説であるな。

同姓同名小説 (新潮文庫) Book 同姓同名小説 (新潮文庫)

著者:松尾 スズキ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「老人賭博」の面白さがいまひとつ、よくわからなかったので、こちらを読んでみた。要するに川島なおみとか、みのもんたとか、小泉孝太郎とか、芸能人と同姓同名の登場人物が出てきて、ドタバタが起きるという短編集なのである。

まあ、コント集の延長というか。演劇出身の作家の多才さはわかる。でもまあ、それだけではないか? 時折、読んでいて吹き出すほどの破壊力あるギャグもあるのだが、まあ、だからどうしたとうほどのものだ。

「老人賭博」以上に、よくわからない読後感を残したのであった。

→☆☆★

« 三国一の昼飯野郎※40 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※41 »

読書2011」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎※71:

« 三国一の昼飯野郎※40 | トップページ | 三国一の昼飯野郎※41 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31