最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 追悼2010① | トップページ | 昼食の快楽2010※82 »

追悼2010②

そしていつかは私たちも送られる

 昨日の続きです。合掌。

 ①谷啓さん(9月11日死去・78歳) 「ガチョ~ン!」である。ちょっと前まで「釣りバカ日誌」の佐々木課長を演じていたと思っていたがなあ。谷さんの死が、ある意味、今年、一番ショックだった。私がこどものころから、ほぼ変わらずに、コントをし、演技をしてきた人が不在になってしまう。その空白感は何とも言えぬ感覚だ。

 ②池内淳子さん(9月26日死去・76歳) この人も、私が子供のころからほとんど変わらず、「日本の女」を演じ続けてきた。晩年まで活躍したが、容姿もそれほど、衰えなかったと思う。さすが、プロの女優である。この人の不在も、私には独特の居心地の悪さ、座りの悪さを実感させるのである。

 ③井上ひさしさん(4月9日死去・75歳) この人の作品はずいぶん読み、感動もした。ある時期は、溺読していたといってもよい。しかし、「東京セブンローズ」以降は、ちょっと、距離を置いていたが・・・。しかし、いずれにせよ、「庶民」に軸足を置きながら、さまざまな仕掛けのある文学を試みる。権力に対峙する人間を描く。そういう、文士としての基本的な立場として、この人の存在は非常に大きかったことは否定できない。遺作となった「一週間」、もう少し、推敲・加筆・修正をする時間があればよかったのにと痛感する。そして、この人の不在を淋しく思う私がいる。

« 追悼2010① | トップページ | 昼食の快楽2010※82 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼2010②:

« 追悼2010① | トップページ | 昼食の快楽2010※82 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31