最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読む快楽2010※92 | トップページ | 昼食の快楽2010※87 »

言葉の問題2010①

「悩ましい」問題

 言葉の問題をねちねちやると、じじいと思われるかもしれないが、気になることは気になる。「くもんじょ(公文書)」などと読まないためにも、ふだんから言葉には敏感でなければならない。

 週刊文春連載のコラムで、小林信彦が「悩ましい」という言葉をしばしば、やり玉に挙げている。「それは悩ましい問題だね」といった語法である。

 私もこれはなじまない語法であると思う。「悩ましい」には「セクシー」といったニュアンスの意味しかないのではと思う。「悩ましい問題」というと、「選ぶのに迷う・決められない」というニュアンスだ。数年前、若い人が会話で使っているのを聞いて、異和感を覚えたもんだ。

 昔の歌謡曲に「気絶するほど悩ましい」というのがあった。これはどう考えても、「セクシー」「官能的」という意味だよなあ。

 話は飛ぶが、昔、巨人軍の選手時代の原辰徳は、週刊文春の記者から名刺を渡され、「しゅうかん『フミハル』が何の用だ?」といったそうだ。野球バカ、たつのり。

 閑話休題。この言葉も、話を本来の流れに戻すときに用いるのが正しい。無駄話をするときの枕詞ではないことにご注意。

« 読む快楽2010※92 | トップページ | 昼食の快楽2010※87 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の問題2010①:

« 読む快楽2010※92 | トップページ | 昼食の快楽2010※87 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31