最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« そして11月 | トップページ | CSI:科学捜査班に完全にはまる »

渋い、渋いよ、渋すぎる

レナード・コーエンじじいを聴く

 75歳のじじいながら、凄く、聴かせるぜ。レナード・コーエン。カナダ出身の詩人かつ、シンガーだ。

ライヴ・イン・ロンドン Music ライヴ・イン・ロンドン

アーティスト:レナード・コーエン
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2009/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前にクラプトンが渋いと書いたけど、彼は「枯れて」しまっただけ。コーエンは渋いのだ。色気が、まだあるのだ。

 バックの女性コーラスと絡むボーカルの妙。心地よい時間が流れる音楽である。軽すぎず、重すぎず。葉巻のスモーキーな薫りが漂うような音楽。こういう音楽もあるんだなあ、と開眼させられた。

« そして11月 | トップページ | CSI:科学捜査班に完全にはまる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋い、渋いよ、渋すぎる:

« そして11月 | トップページ | CSI:科学捜査班に完全にはまる »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31