最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 同期とのひととき | トップページ | 読む快楽2010※87 »

読む快楽2010※86

こういう話がウケル時代

 「いま、殺りにゆきます」。すごいタイトルですね。

いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫) Book いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)

著者:平山 夢明
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ストーカー、拉致、通り魔など、読者から応募した「実話」を収録。見知らぬ男からの携帯への殺害予告、監禁されぎりぎりのところで助かった話など、本当に、実話だったらまずいんじゃないかという話が並んでいる。

 しかし、よくわからないのは、こういう話を報告して、何が楽しいのだろうか? 気をつけなはれや! ということか。

 都市伝説の一変形か。わからないが、こういう話がウケル時代か。いやだいやだ。

 しかし、振り返って考えてみると、サイコ野郎が偏在することは、確かなのだ。いつ、自分にその野郎どもがかかわってくるかわからないわけだ。その時の心構えとして、この手の本を読んでおくのもいいかもしれない。

⇒☆☆☆。まあ、よくわかりませんけどね。

« 同期とのひととき | トップページ | 読む快楽2010※87 »

読書2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010※86:

« 同期とのひととき | トップページ | 読む快楽2010※87 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31