最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食の快楽2010※79 | トップページ | 読む快楽2010※68 »

読む快楽2010※67

ダメではないかな。何が訴えたいんだ?

 島田雅彦の最新作「悪貨」を読了。正味な話、ダメな小説だと思う。島田雅彦、何のためにこの小説を書こうと思ったのだろう?

悪貨 (100周年書き下ろし) Book 悪貨 (100周年書き下ろし)

著者:島田 雅彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ホームレスが偽札の1,000,000円を手にする。これがことの発端。この偽札の陰には、世界の資本主義体制を破壊する邪悪な意志があった。さらには、共同体コミューンが絡み、日本対中国の暗闘が繰り広げられるのだが。

 始まりは読ませるのだが、途中から筋が破たんしていく。登場人物も類型的だし、仕掛けも、物語そのものもデジャ・ヴ感あり。要するに、たいした小説ではない。講談社の創立100周年書き下ろしはレベルの差が激しすぎる。

« 昼食の快楽2010※79 | トップページ | 読む快楽2010※68 »

映画2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010※67:

« 昼食の快楽2010※79 | トップページ | 読む快楽2010※68 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30