最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聞く喜び2010⑧ | トップページ | 昼食の快楽2010※81 »

スクリーン2010※26

人間存在の哀しみに迫る

 ユナイテッドシネマにて「悪人」を見る。吉田修一の原作は非常に面白く読んだ。どのように映像化されるのか、関心もあったのだ。

悪人

 非常にまじめな、ていねいな作品というのが第一印象。こういう、ひたむきさこそが、今の日本映画に必要なものではないかと、漠然と思ったりする。

 それにしても、職場が代わって、映画をスクリーンで見るのは久しぶりになってしまった。ジンガーくん、トーカーくんの熱心さを学ばなければならない。出勤前に映画を見てくるほどの熱意を。

« 聞く喜び2010⑧ | トップページ | 昼食の快楽2010※81 »

映画2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2010※26:

« 聞く喜び2010⑧ | トップページ | 昼食の快楽2010※81 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31