最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聞く喜び2010⑦ | トップページ | スクリーン2010※26 »

聞く喜び2010⑧

ショスタコビッチを聞く

 昨日、タワーレコードでマーラーのボックスを買ったついでに、ショスタコビッチの弦楽四重奏曲全集も買い求めた。

Shosutako_2

 演奏はボロディン四重奏団。1番から15番までの弦楽四重奏曲が6枚のCDに収められて3290円だ。ホント、安いよな~。まあ、メロディアという旧ソ連からのレコード会社から出ているから、音質はあまり、期待はできないのだが。

 革命後のソ連に生きたショスタコビッチは「政治と芸術」という対立項を語る上でよく、引き合いに出される音楽家である。芸術は政治に奉仕すべきであるという、今では誰もが笑い飛ばすテーゼを押しつけられた芸術家として、その悲劇性が語られる。

 ショスタコの弦楽四重奏曲について、音楽評論家の宇野功芳は「晩年の13番に至っては涙も出ない墓場の音楽であり(中略)聞いていて耐えがたいほどだ。そして第15番。人生への切々たる別れ」

 そんな、荒涼とした音楽を聞いてみたくなった。絶望を強いる音楽。諦めを誘う音楽。ショスタコの心象風景がそこにあるのではないかと、思って聞いてみるのである。

« 聞く喜び2010⑦ | トップページ | スクリーン2010※26 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞く喜び2010⑧:

« 聞く喜び2010⑦ | トップページ | スクリーン2010※26 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30