最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食の快楽2010※60 | トップページ | 昼食の快楽2010※61 »

読む快楽2010※51

大切なのはリアリズムと常識

 半藤一利の語り下ろし「いま戦争と平和を語る」が面白い。自らの戦争体験や編集者として戦史研究に携わってきた生涯を振り返っている。わが東京都立墨田川高校(当時は府立七中)のの大先輩の著作である。読まずにはいられないではないか。

いま戦争と平和を語る Book いま戦争と平和を語る

著者:半藤 一利
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

⇒80点

« 昼食の快楽2010※60 | トップページ | 昼食の快楽2010※61 »

読書2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010※51:

« 昼食の快楽2010※60 | トップページ | 昼食の快楽2010※61 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31