最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 家が傾く、その前に | トップページ | それでもディラン⑤ »

それでもディラン2010④

低迷する時もあるさ

 ディランも人の子。いつでも、ハイ・クオリティな音楽を提供し続けていられるわけもありません。

 ディラン史において特筆される低迷期は、1979年ごろから始まる「キリスト教3部作」といわれるアルバム群です。ディランはユダヤ教から福音教会に改宗。それを機に、あまりに「あっち側」に行ってしまったと評されるのです。

Dylan_2

 写真は上から「スロー・トレイン・カミング」「セイヴド」、そして、3部作ではない「デザイア」です。3部作は上2作品に「ショット・オブ・ラブ」です。

 しかしまあ、個々の楽曲は泥臭いゴスペルあり、確かに信仰告白もあるのですが、そんなにひどいものでもないような気はしますが。

 これらのアルバム、私は実はみんな、LPでもっているのです。でも、CDで改めて買いなおしたのです。これから聞きなおし、本当に愚作なのかどうかこの耳で確かめようと思ってます。

 しかし、音楽的に低迷していたのはディランも自覚していたようです。3部作の次に出したアルバムのタイトルが「インフィデル」(異教徒)というから、人を食った男ですわい。

« 家が傾く、その前に | トップページ | それでもディラン⑤ »

ボブ・ディラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでもディラン2010④:

« 家が傾く、その前に | トップページ | それでもディラン⑤ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30