最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読む快楽2010※50 | トップページ | 家が傾く、その前に »

スクリーン2010※25

バカらしくておもしろい

 「シネマの風景フェスティバル」の流れで狸小路5丁目の札幌東宝プラザにて、マイトガイ・小林旭主演の「ギターを持った渡り鳥」を観る。舞台は函館。いやはや、ノーテンキな世界が展開されていておもしろい。

ギターを持った渡り鳥

<あらすじ・解説=goo映画などより>「0番街の狼」の山崎巌と原健三郎(故人・元衆議院議長)の脚本を、「人形の歌」の斎藤武市が監督した1959年作品。小林旭主演のアクション・ドラマ。

 神戸に近いある港町にギター背中に流れて来た伸次は、喧嘩で危い流しのサブを救ったことから親分の秋津にひきあわされた。秋津は自分の娯楽センター拡張のため、親切ごかしに金を貸し利子の期限切れを種に暴力的に土地を立退かせていた。伸次の腕力と嚇しはマーケットの住民をふるえあがらせた。秋津は沖合にある小島にもセンターを作る関係上丸庄漁業に伸次を使にたてた。しかし丸庄の女房澄子が秋津の実妹と知るとこの仕事を断った。会った時から伸次に惹かれていた秋津の娘由紀は叔母のために手を引いた彼に一層の好意を寄せた。ある日神戸の田口組のジョージがヤクの密輸を沖合で取引きするので舟をかりに来た。秋津の用心棒馬場は丸庄のあかつき丸を担保にとりあげた。秋津組とジョージは取引きのため沖合に出た。挨拶がわりのダイス遊びで見せた伸次の手さばきに、ジョージは彼とどこかで会ったような感じを持った。そこで厭がる伸次にむりやり拳銃を弾たせた。“判ったお前は神戸市警のデカだ。昔俺の舎弟を殺してサツを首になった奴だ"二人が拳銃を構えた時巡視艇が廻って来た。決闘は明晩までのばされることになった。その夜丸庄が溺死体となって発見された。サブの口から秋津の仕業と知った伸次は秋津と手を切る決心をした。翌晩再び海に出た。密輸取引きが終り二つの影が向い合った。その瞬間を狙って馬場の拳銃が二人に向って火を吐いた。伸次は海に消えた。ジョージは傷つきながら馬場を倒した。組のことを知り過ぎた伸次を消し密輸を一人占めしようとする秋津のたくらみであった。秋津の事務所へ伸次は飛び込んでいった。が秋津は拳銃を構えて待っていた。しかし何時の間にか裏口よりやってきたジョージに倒された。深夜の岸壁に対峙した二つのシルエット、同時に二つの影が光った。バシッとジョージの拳銃がフッ飛んだ。パトカーのサイレンが近づいた。沼田刑事と流しのサブ実は大沼刑事である。もう一度デカになれよ、沼田の言葉も聞えぬよう夜霧の中へ伸次は消えていった。ギターのむせび泣きと由紀の涙を残して--。

 <能書き=文責・双子山>goo映画の解説、思い切りでたらめだぞ。神戸に近いある港町って函館だぜ。どこが神戸に近いんだよ! ラストも全然、違うぞ。青函連絡船で去るんだよ!何が夜霧に消える、だ。何かがごちゃごちゃになっているのではないか。流し読みでもわかるほど、文章もひどいしな。手を抜くな、goo映画!

 映画はおもしろいぞ。格闘シーンが思い切り安いけど。当時の函館の様子が出ているのだろうか、猥雑な感じがよい。金子信夫が「仁義なき戦い」の山守の役を、すでに10年前に演じているのを知って驚いたぜ。

 アキラにはオーラがある。スターオーラである。輝いている。もっと、評価されてもいい俳優だと思うのだがなあ。

→☆☆☆。キッチュな一作。現代ではとても、作れません。

« 読む快楽2010※50 | トップページ | 家が傾く、その前に »

映画2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2010※25:

« 読む快楽2010※50 | トップページ | 家が傾く、その前に »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31