最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2010⑱ | トップページ | DVD鑑賞録2010③ »

それでもディラン2010②

何回、聞いたことか!

 ディランを聴くことの快楽は、「こんなことまで知ってるんだぜ」というマニアックな部分に帰結する。だから、中学生でディランの曲にショックを受け、自分なりに訳していた私は、すごい男だったと思う(←自慢)。

 だから、「アナザー・サイド・オブボブ・ディラン」。

アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン 話は違うけど、あのころのレコードって高かったよね? LPなんか、平気で2400円とかさ。ドーナツ盤が800円か? ぼろ儲けしたレコード屋がいるんだよな。

 それはそれとして、このLP、中学2年生のころに買った記憶がある。苦しんだ。中2にはわからないからな。でも、英語を勉強するにはすごいアルバムでね。何回、聞いたのだろう。わからないくらいだ。

 このアルバムのメーンというかピークはもちろん、「マイ・バック。ペイジズ」。いま聞いてもすごい。「あ~、あのころの僕は老けていて、今の僕はずっと若い」。こんな詩を書けるやつはめったにいないぜ。

« スクリーン2010⑱ | トップページ | DVD鑑賞録2010③ »

ボブ・ディラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでもディラン2010②:

« スクリーン2010⑱ | トップページ | DVD鑑賞録2010③ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30