最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2010⑭ | トップページ | それでもディラン2010② »

読む快楽2010※37

シリーズ3作目、好調に推移

 高田郁「想い雲」を読了。難波生まれの少女、澪が江戸に出てきて、料理人として活躍する「みおつくし料理帖」シリーズの3作目。

 想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)さすが、シリーズ3作目ともなると、作者もなれてきたようで、登場人物のキャラクターも立ってきた。

 また上方と江戸の食生活の違いも浮き彫りにしていて面白い。

 しかしまあ、こういう小説に時代考証などを求めるのは野暮なのだろうな。江戸を舞台にした小説、と割り切るのが一番よいのだろうと思う。

 

⇒☆☆☆★。そろそろ、映画もしくはテレビ化されるのではあるまいか、と予想しておく。

« スクリーン2010⑭ | トップページ | それでもディラン2010② »

読書2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010※37:

« スクリーン2010⑭ | トップページ | それでもディラン2010② »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31