最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジャスト・ライク・バーズ2010② | トップページ | 読む快楽2010※31 »

読む快楽2010※30

妄想領域

 私はいつの日か、エロ小説家として傑作をものしたいという妄想を抱いている。それゆえ、永田守弘「教養としての官能小説案内」はためになった。

教養としての官能小説案内 (ちくま新書) Book 教養としての官能小説案内 (ちくま新書)

著者:永田 守弘
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 官能小説は、最も実用的な文学である。想像力を喚起し、刺激し、妄想を盛んにさせるために、作家たちはどのような工夫をしてきたか。戦後間もないカストリ雑誌や田村泰二郎「肉体の門」から、川上宗薫、そして現在の多種多様なジャンルに至るまで、通史として描くと同時に、豊富な引用で表現の変遷をたどることができる。

 著者は昭和8年生まれ。40年以上にわたり、毎年300編の官能小説を読みこなしてきたという。ご苦労さんです。

 まあ、「教養」と「官能」がどこでリンクするかは読み手しだいだと思うが。

⇒☆☆☆★。この本で、勉強します。

« ジャスト・ライク・バーズ2010② | トップページ | 読む快楽2010※31 »

読書2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010※30:

« ジャスト・ライク・バーズ2010② | トップページ | 読む快楽2010※31 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31