最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読む快楽2010※34 | トップページ | スクリーン2010⑪ »

スクリーン2010⑩

空虚だ。壮大な空虚だ

 スガイにてロバート・ダウニー・ジュニア、ジュード・ロウ主演の「シャーロック・ホームズ」を観る。ガイ・リッチー監督、不発だね。空虚な映画だ。エンターティンメントになっていないよ。

<解説=goo映画などより>19世紀末のロンドンで、儀式を思わせる手口で、若い女性が次々と殺害される怪事件が勃発。名探偵シャーロック・ホームズはたちまち犯人を突き止め、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿を捕まえる。しかし彼は、処刑されても自分は復活する、とホームズに宣言。やがて予言通り、死刑に処されたブラックウッドが、墓場からよみがえるう。人々がパニックに陥る中、ホームズだけは史上最大の謎に挑めることに胸を躍らせていた…。

 ロバート・ダウニー・Jrがシャーロック・ホームズに扮したエンターテインメント作。ガイ・リッチー監督とロバート・ダウニー・Jrは、ホームズの超人的な観察力、記憶力、推理力という最高の頭脳に加え、意外と知られていない熟練した武術家という一面をクローズアップ。頭脳派ホームズならではの、緻密でスキのないファイトシーンをはじめ、アクション的な名場面も盛りだくさんだ。またタイトルロールのホームズに、勝るとも劣らない存在感を見せつけるのが、相棒・ワトソン医師を演じたジュード・ロウだ。頭は最高に切れるが、時に暴走気味のホームズを唯一コントロールできる、スマートなワトソンを生み出した。性格は正反対だが、固い絆で結ばれた2人の友情も見どころだ。

<能書き=文責・双子山>マドンナの元旦那、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」ではクールな映像で小悪人たちの奮闘を描いたガイ・リッチー監督も、古典的ロンドンを舞台にするには荷が重すぎたようである。遊ぶに遊びきれず、ウイットもユーモアも不発だ。いろいろなことを詰め込みすぎているのだな。「武術家」なんて要素は思い切ってカットすれば良かったのに。

 だからCGやなんかが、ものすごく空虚なんだ。これが今のハリウッド的限界なのだろうか。ただ初めに続編ありきだもの。謎解きも陳腐だしな~。ちょっと、救いのない空虚な映画であるというのが感想です、はい。

→☆☆。とっても残念系。

« 読む快楽2010※34 | トップページ | スクリーン2010⑪ »

映画2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーン2010⑩:

« 読む快楽2010※34 | トップページ | スクリーン2010⑪ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31