最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食の快楽2010⑰ | トップページ | パソコン戻る! »

聞く喜び2010②

クラシック②BOZEでアラウのピアノを聴く

 年末に購入した自慢のマシン、BOZEで聴くピアノ曲は素晴らしい。音が粒立ち、天から降りてくるようだ。大袈裟じゃないんだぜ!

 最近のお気に入りは、クラウディオ・アラウが弾くショパンとドビュッシー。10年ぐらい前に購入したEMIの2枚組CDに収録されている(写真は無関係ですが、アラウとはこういう人です)。

クラウディオ・アラウ80歳記念リサイタル [DVD] 寝る前にボリュームを少し上げて、まずはショパンの「ノクターン1番」を聴く。切ないメロディーが一音一音、降ってくる。思わず、18歳のころの自らを思い、胸が熱くなってくる。本当にショパンは青春の音楽だと思う。どこか苦みとともに回顧される青春の音楽だ。

 続いて、ドビュッシー「沈める寺」「月の光」を聴く。まさに印象派らしく、音が鮮明なイメージを結ぶ。音で絵が描けることを、このピアニストは教えてくれる。

 アラウは1903年、チリに生まれ、91年に亡くなっている。南米生まれのピアニストにはマルタ・アルゲリッチ(アルゼンチン)、ダニエル・バレンボイム(同)がいる。演奏のテイストとしてはドイツ風で、ベートーベンなどを得意とするそうだ。しかし、ショパン、ドビュッシーというフランス的味わいも、決してアラウは不得意ではなかったことをこのCDは証明しているようだ。

 

« 昼食の快楽2010⑰ | トップページ | パソコン戻る! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞く喜び2010②:

« 昼食の快楽2010⑰ | トップページ | パソコン戻る! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31