最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジャスト・ライク・バーズ2010① | トップページ | 昼食の快楽2010⑤ »

読む快楽2010⑤

静かな感動に浸る

 帚木蓬生「水神 上下」を読む。読後、静かな感動が襲う傑作である。

水神(上) Book 水神(上)

著者:帚木 蓬生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 舞台は天草の乱からしばらくたった九州は筑後川流域の江南原。天の恵みとなるはずの筑後川なのだが、その水は、一滴も流域の村に流れてはこない。貧しい暮らしを余儀なくされる百姓たち。そこに5人の庄屋たちが意を決して立ちあがる。私財を投げ打ち、水門を築こうというのである。身命を賭し、戦って散る覚悟の男たち。そこに老武士の熱い思いもからみ、難工事は進むのである。  帚木、医者出身であるので医療物を得意としているのだが、一方で歴史物、戦争物も得意。要するに守備範囲が広いのだ。東京大空襲の秘話を描いた「灰燼」も感動的だった。    「水神」の主役は庄屋たちだ。実に百姓思いの、頼りになる男たちだ。激しい感動というより、静かな、波のような感動が伝わってくる。そう、水上を来るさざ波のような。 ⇒☆☆☆☆★ 。お勧めです。

« ジャスト・ライク・バーズ2010① | トップページ | 昼食の快楽2010⑤ »

読書2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む快楽2010⑤:

« ジャスト・ライク・バーズ2010① | トップページ | 昼食の快楽2010⑤ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31