最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 人の情け | トップページ | おんがくん2009⑩ »

ジャジーな夜に③

こういうトランペットもあるんだね

 兄はピアノのハンク、弟はドラムスのエルヴィン。まさにズージャー・ブラザーズど真ん中のサド・ジョーンズ。「ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズ」を聴く。

 いいですね。明朗で。こういうトランペットもいいな。マイルスのアグレッシヴなペットとは異なる音色ですね。融和的というのか。それでも、主張するところは主張するしたたかな音というか。

ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズ Music ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズ

アーティスト:サド・ジョーンズ
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/12/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  けっこう、歌い上げるトランペットなんだね。でも、俗にならない。4曲目の「イフ・サムワン・ハド・トールド・ミー」、ラストの「シーディア」のソロなんかしびれるね。朗々と、気持ち良さそうに歌い上げているもんなあ。だれも止められないような、音の流れがそこにある。

 結局、カウント・ベイシー楽団での仕事が忙しくなって、スモールコンボでの仕事をしなくなってしまうという。だからブルーノートとしては、この人の後に、リー・モーガンが続くわけだ。

<データ>サド・ジョーンズ(トランペット)、ビリー・ミッチェル(テナーサックス)、バリー・ハリス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス):1956年7月14日録音;ブルーノート1527

« 人の情け | トップページ | おんがくん2009⑩ »

音楽2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャジーな夜に③:

« 人の情け | トップページ | おんがくん2009⑩ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31