最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクリーン2009※まとめ | トップページ | 昼食としての現在※77 »

本を読む日々2009※55

期待したのだが。それほどでも・・・。

 米澤穂信の「追想五断章」を読む。今年の「このミステリーがすごい!」では第4位、週刊文春のベスト10でも第4位。

追想五断章 Book 追想五断章

著者:米澤 穂信
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 古書店で働く青年が、若い女性から「亡くなった父が書いた5つの小説を探してください」と頼まれる。いずれも、結末が伏せられた、いわゆるリドル・ストーリーである。調査を続けるうち、22年前にアントワープで起きたある事件に青年は逢着するのであるが・・・。

 「このミス」などでは、伏線の張り方や技巧が評価されていたように記憶するが、それほどのものではない。この作家、もともとかなりのトリッキー志向であるから、従来の作風からはみ出したものではないのだ。

 行きつく事実がスケール感に欠けてなんだかなあ、と思ってしまうのだ。ずいぶんと勿体ぶってはいるがね。リドル・ストーリーも大したことない。

 まあ、バブル崩壊直後、1990年代初めのうらぶれた感じの描写はなかなかか。でも、そのあたりに時代設定した意図もよくわからないしなあ。

« スクリーン2009※まとめ | トップページ | 昼食としての現在※77 »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/32792233

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※55:

« スクリーン2009※まとめ | トップページ | 昼食としての現在※77 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31