最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 詩と真実① | トップページ | スクリーン2009※番外編 »

昼食としての現在※73

鮨 創食らんまん(1)=札幌市中央区南2条西4丁目パッセ24ビル1階

 職場の敬愛するヨンヤさんと、ピヴォの裏側あたりの店を狙う。たまに行く、天丼が安い店「えび天分店」など、隠れた店がありそうな雰囲気が漂う一角である。

 スープカレーという選択肢もあったが、鮨にした。初めての店である。

 入ると、カウンターはいRannmannっぱい。すでに13時を回っているのに、だ。ようやく、テーブル席に座ることができたのだが。私は900円のおまかせ丼、ヨンヤさんは「月」セット。握りが10カンで1000円だ。

 丼はバラちらしとでもいうべきもので、細かく切ったマグロ、イカ、タコや卵焼き、イクラ、トビッコが入っている。なかなか、お上品な味だ。みそ汁、茶碗蒸しもついている。食後には、コーヒーとアイスクリームも出るよ。

 お年寄りや女性客でいっぱいということは、それなりの理由がある。おいしくて、安いということだ。量は少々、少な目かもしれないので、その辺はお含みおきを。

 ちなみに、ここの大将は札幌の上田市長に似ている。

« 詩と真実① | トップページ | スクリーン2009※番外編 »

昼食2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在※73:

« 詩と真実① | トップページ | スクリーン2009※番外編 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29