最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 来る来る来る | トップページ | スクリーン2009※30 »

おんがくんく2009⑨

ほとばしるスライドギター

 2006年、3年前のいまごろ、札幌ドームのエリック・クラプトンのコンサートに行った。そのとき、クラプトンと共演していたギタリストがデレク・トラックスだ。ものすごいスライドギターのテクニックの持ち主で、ある面ではクラプトンを食っていた。

 デレク・トラックスバンドのCDがタワーレコードで1000円で売られていたので、思わず買い求めてしまった。「ソウル・セレナーデ」だ。

ソウル・セレナーデ Music ソウル・セレナーデ

アーティスト:デレク・トラックス・バンド,グレッグ・オールマン
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 スライドというと、どうしてもサザンロックの泥臭さを感じさせるのだが、そればかりではない。4曲目の「アフロ・ブルー」はご存じ、ジョン・コルトレーンの十八番ナンバーだが、フルートと絡み合うスライドが絶妙。天上に突き抜けていくように奔放なスライドギターの音色が強烈に印象に残る佳品である。

« 来る来る来る | トップページ | スクリーン2009※30 »

音楽2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんがくんく2009⑨:

« 来る来る来る | トップページ | スクリーン2009※30 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31