最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む日々2009※10月まとめ | トップページ | スクリーン2009※26 »

ジャジーな夜に②

ジャズマンが奏でるビートルズ

 などと感傷にふけってしまう秋なのだが、「ブルーノート・プレイズ・ザ・ビートルズ」はなかなかよろしい。14人のジャズメン、シンガーによるビートルズなのだが、それぞれの解釈が独自で、あきさせないコンピレーションになっている。

ブルーノート・プレイズ・ザ・ビートルズ Music ブルーノート・プレイズ・ザ・ビートルズ

アーティスト:オムニバス,ボビー・マクファーリン,カサンドラ・ウィルソン,ダイアン・リーヴス,ジャリーサ
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/09/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 スタンリー・タレンタインの「キャント・バイ・ミー・ラブ」、リー・モーガンの「イエスタデイ」、トニー・ウィリアムズの「ブラックバード」なんて面白いよ。結局、ビートルズナンバーはジャズと非常に近いところにあるのだろうな。

 まあ、ジャズはどのような音楽もジャズ化してしまうのだが、ビートルズナンバーはその個性ゆえに、過度にジャズ化はされない、ということか? 違うか?

« 本を読む日々2009※10月まとめ | トップページ | スクリーン2009※26 »

音楽2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャジーな夜に②:

« 本を読む日々2009※10月まとめ | トップページ | スクリーン2009※26 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31