最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在※68 | トップページ | 昼食としての現在※番外編 »

本を読む日々2009※47

ロックが熱かった日々

 中山康樹の「ビートルズから始まるロック名盤」は、1964年「ミート・ザ・ビートルズ」から69年「アビー・ロード」までにリリースされた歴史的名アルバム50枚を紹介する書き下ろしである。

ビートルズから始まるロック名盤 (講談社文庫) Book ビートルズから始まるロック名盤 (講談社文庫)

著者:中山 康樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この6年間というのは、たぶん、ロックという音楽ジャンルが最も熱かった時代だ。ビートルズという先行ランナーをビーチ・ボーイズやストーンズ、キンクスなどのグループが追いかける。ディランは別格だが。

 ディランやドアーズなどのアルバムは知っているが、埋もれていた歴史的名盤も紹介しているのがうれしい。レコード屋巡りが楽しくなる1冊。

⇒☆☆☆★。よく聴いていますよ、この人は。ジャズもロックもね

« 昼食としての現在※68 | トップページ | 昼食としての現在※番外編 »

読書2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※47:

« 昼食としての現在※68 | トップページ | 昼食としての現在※番外編 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31