最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本を読む日々2009※41 | トップページ | キャンプに行こう!2009④ »

本を読む日々2009※42

スリリングな歴史読み換え

 井上章一「日本に古代はあったのか」は実にスリリングな歴史書である。古代⇒中世⇒近世⇒近代にいたる時代区分に対する異議申し立てである。

日本に古代はあったのか (角川選書) Book 日本に古代はあったのか (角川選書)

著者:井上 章一
販売元:角川学芸出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 中国学の泰斗・宮崎市定への言及から始まる。京都大学のシナ学の時代区分から敷衍して、ヨーロッパ史、日本史へと言及していく。

 現在の通説である、「日本中世は鎌倉幕府から始まった」論は、関東史観であると井上はいう。つまり、東大学派である。京都大学派閥は、封建制の萌芽をすでに平安期に見る。つまり、日本に古代などはなかった。日本史は中世から語られるべきであるとする。

 もちろん、井上は京都大学卒業である(工学部)。

« 本を読む日々2009※41 | トップページ | キャンプに行こう!2009④ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む日々2009※42:

« 本を読む日々2009※41 | トップページ | キャンプに行こう!2009④ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31